固定電話の代表的な種類とひかり電話の特徴

固定電話はデジタル回線とひかり電話が人気

固定電話の代表的な種類とひかり電話の特徴

ウーマン

固定電話の種類

自宅に置いて使用するタイプの固定電話には大きく分けて2つの種類があります。1つ目の種類がアナログ回線です。アナログ回線は、昔から使われているタイプの電話で、黒電話に使われている回線もアナログ回線でした。アナログという名前の通り、人間の音声を銅線にのせて伝える仕組みになっています。2つ目の種類がデジタル回線です。デジタル回線は、アナログ回線の次に出てきたタイプで、今の固定電話は徐々にデジタル回線に置き換わりつつあります。2025年頃にはアナログ回線の固定電話は無くなるともいわれています。デジタル回線は、入力した音声を0と1のデジタル信号に変換して銅線にデータをのせる仕組みになっています。デジタル回線は、アナログ回線に比べると音声がよりクリアに聞こえ、たくさんの情報を送れることがメリットになります。固定電話を新しく導入したい方は、アナログ回線よりもデジタル回線を選ぶと良いでしょう。

需要が高まっているひかり電話

固定電話の種類は大きく分けてアナログ回線とデジタル回線の2種類と述べましたが、実はこの2つのシステム以外にも「ひかり電話」というシステムが新しく出てきていて、現在人気を集めています。ひかり電話とは、アナログ回線でもデジタル回線でもなく、光ファイバーを回線として利用しているタイプの電話です。ひかり電話の最大のメリットは、価格の安さです。なんとひかり電話なら月額500円前後で電話を利用することができます。アナログ回線の固定電話の3分の1程度の利用料金で電話を使うことが可能になります。また、デジタル回線のように音質がクリアでノイズが入りにくいこともメリットの1つです。ただし、ひかり電話を利用するには基本的にインターネットの加入も必要になり工事をする必要があります。初期費用は高くなってしまいますが、長期的な視点で考えると、ひかり電話は非常にオトクな固定電話だといえるでしょう。

それぞれの特徴やメリットを理解する

これから新しく固定電話を導入するときは、デジタル回線かひかり電話を選ぶようにしましょう。それぞれの特徴やメリットを理解して自分に合ったタイプを選ぶことが大切です。

広告募集中